MENU
銀行から融資を断られても、ノンバンク系のビジネスローンなら、事業計画などの内容が評価されて、融資を受けられる可能性があります。審査で重要な役割を果たすので、融資する側が融資しても大丈夫だと判断できるよう、事業計画書は説得力のある内容を心がけて作りましょう。もし過去の実績のない新規事業者でも、今後の数値目標を具体的にしたり計画内容を綿密に書くことで、信頼を得ることができます。また、事業拡大や資金繰りの改善などが目的なら、何が課題で今後どう取り組むのか、今後の見通しをしっかりと伝えることが大事です。ビジネスローンは総量規制の対象外になっています。事業性融資は総量規制の例外として扱われるため、法人格...
昨年鳴り物入りで販売が開始された燃料電池車。世界初の量販車であるトヨタの「ミライ」に続いて、ホンダも今年、燃料電池車の販売を開始することを発表しています。いよいよ「未来の車」が現実になる日が来たと喜びたいところですが、実際のところは前途多難な道のりが。まず一つ目に挙げられるのは、最大の課題でもあるインフラの問題。トヨタとしてはミライを「第2のプリウス」を狙っていると思いますが、プリウスが大成功を収めたのはハイブリッドシステムはあくまでも既存のエンジンを補助するシステムであり、新たなインフラ設備を構築する必要が無かったこと。一方の燃料電池車の燃料となる水素は、全く新しいインフラ設備を構築するとこ...